奥美濃毛鉤釣り&タラの芽パスタ

今年は毛鉤釣りを復活させようと年始に思い立ち、寒い時期はせっせと毛鉤を作ってました。

渓流釣りもいろいろなスタイルがありまして、源流を目指す沢登り的な釣りやら、だだっ広い本流の釣りもまた渓流釣りの一つのスタイルです。小生はどちらかというと後者の方で、山岳渓流釣りとなるとかれこれ20年ほど離れていました。

今回は復帰一回目ということで、奥美濃の比較的やさしい谷を選んで釣ってみました。

渓流も昔とはずいぶん違っているだろうし、カンも鈍っているだろうから、釣れなくても新緑の渓流を歩いてくるだけでも気分が良かろう・・・そう思いながらのんびり入渓。

30分も上がらないうちに良型が毛鉤に飛び出した。
イワナの渓と思っていたので遅アワセを肝に命じておいたら、いきなり8寸ほどのアマゴが出た。
あっ!と思ってももう遅い。毛鉤をくわえ吐き出した頃にアワセを入れたものだから、完全にスカ喰いました。

c0187438_2025168.jpg






その後は3、4寸のアマゴが毛鉤にじゃれつくのみ。
あーさっきのもったいなかったなぁ・・・。

c0187438_2031837.jpg


一面コゴミ。開き始めたコゴミの緑は新緑の中でも一際鮮やか。

c0187438_2034710.jpg


パラシュートパターンの毛鉤は見切られやすいようでした。
午後、雨になり水温も下がって毛鉤にサカナが出てこなくなったので納竿。
土日に入ったと思われる足跡がやたら有った割にはアマゴがちょくちょく出てきて楽しかったです。

c0187438_2041028.jpg


ちと伸びすぎだが、がおろさんがブログで「タラの芽パスタ」を紹介していたのを思い出し、要るぶんだけ摘む。

c0187438_2043593.jpg


タラの芽とハムのパスタ。絶品!旨い!

c0187438_2045956.jpg

[PR]

by t-pastel | 2010-05-10 20:05 | 山釣りの記録