2016年12月29日 いっかくじゅう座コーン星雲(NGC2264)@根尾

c0187438_09170810.jpg

6D改 EF 400mm スカイメモRSセルフチューニング




露出をしながら星空を眺めているのも楽しいけれど、あまり体を冷やすのもどうかと思うので時々車に戻って暖をとりながら本を読んでます。

今は司馬遼太郎の「菜の花の沖」という全6巻の大作、4巻目です。

江戸時代に千石船で商売をしながら北方の航路を開拓した高田嘉兵衛という実在の人物を中心に描かれている。

読むにつれ、北方領土の問題の奥深さ、歴史がよく判ります。

メディアでは首脳会談については語られていますが、遡った歴史につてはあまり触れられていない気がします。

司馬遼太郎さんは、慎重でパイオニア精神に富んだ船乗りの人生を描くとともに、前記についてもこんな事があって現在に至っているのだよと、読者に理解を求めたのではないかと思います。







[PR]

by t-pastel | 2016-12-29 09:17 | Comments(0)