ムラサキケマン

c0187438_19364288.jpg



ムラサキケマン(ケシ科キケマン属)

ミヤマキケマンヤマエンゴサクと同じ仲間。一般にはムラサキケマンが最もポピュラーとされているようですが、この3種の中で一番見かけない野草。小生の行動範囲が偏っているのか?地域性か?単に見落としているだけかしら?

撮影5月28日 標高1420m
[PR]

by t-pastel | 2012-05-31 19:39 | 山で見かける野草

ズミ

c0187438_21364193.jpg



ズミ(バラ科リンゴ属、落葉小高木~高木)

今にも泣きだしそうな空。山を歩いていると、白い花とリンゴのような蕾が目に止まった。なんの樹かは判らないけど5mくらいはある樹、葉の緑、白い花弁、花粉の黄、淡紅の蕾のコンビネーションがエエね。
帰宅後、調べて納得。あの蕾の色は、やはりリンゴの色だった。

5月21日撮影 標高760m
[PR]

by t-pastel | 2012-05-30 21:47 | 樹木の花

平湯の大ネズコ

c0187438_23263317.jpg



c0187438_2364931.jpg



c0187438_971224.jpg



c0187438_1633886.jpg



平湯の大ネズコ 胴回り7,3m 樹高23m 樹齢約1000年


クロベ(別名ネズコ、ヒノキアスナロ)ヒノキ科クロベ属、日本特産。

クロベという樹はあちこちの山で見かけますが、これは巨大でした。

余談ですが、”ネズ”と”ネズコ”は違う種類のようです。




c0187438_9251789.jpg


大ネズコに向かう道中は、シラカンバ、ダケカンバ、ウダイカンバ、ミズナラ、オオカメノキ、カラマツ、などが見られる気持ちの良い森林です。


[PR]

by t-pastel | 2012-05-28 23:00

ハナヤエムグラ

c0187438_831133.jpg


ハナヤエムグラ(アカネ科ハナヤエムグラ属)

5月4日撮影
[PR]

by t-pastel | 2012-05-27 08:04 | 近所で見かける野草

タチキランソウ

c0187438_7531881.jpg


タチキランソウ(シソ科キランソウ属)

人里近くで見かけるキランソウによく似ているが、うさぎの耳のように立った2つの花冠上唇が印象的。キランソウはこの部分がほんの少ししか立ち上がってない。

(世界文化社、改訂新版 世界文化生物図鑑 植物Ⅰを参考にしました)


5月21日撮影 標高820m
[PR]

by t-pastel | 2012-05-26 07:58 | 山で見かける野草

キランソウ

c0187438_8145237.jpg


キランソウ(シソ科キランソウ属)

別名”ジゴクノカマノフタ”一度聞いたら忘れられない名前だ。古くから薬草として使われたようで、地獄の釜に蓋をするほどの効き目からついた名前という説もある。

4月23日撮影 標高220m
[PR]

by t-pastel | 2012-05-25 08:21 | 山で見かける野草

ヒナギキョウ

c0187438_747059.jpg


ヒナギキョウ(キキョウ科ヒナギキョウ属)

土手にマツバウンランの群れを見慣れた頃、新たにひょろっとした茎が風に揺れている。
同じような背丈、同じような細い茎。違う点は、マツバウンランが開花と結実を繰り返しながら背を伸ばして行くのに対し、ヒナギキョウはぽつんと先端に一つだけ花を咲かせる。

5月4日撮影
[PR]

by t-pastel | 2012-05-24 07:56 | 近所で見かける野草

コンロンソウ

c0187438_8113562.jpg



コンロンソウ、(アブラナ科タネツケバナ属)


c0187438_8112575.jpg



花だけ見ると、ナズナタネツケバナに似てますが葉っぱが全く違います。

5月14日撮影 標高640m
[PR]

by t-pastel | 2012-05-23 06:59 | 山で見かける野草

ニワゼキショウ

c0187438_1663786.jpg


ニワゼキショウ(アヤメ科ニワゼキショウ属)
5月13日撮影
[PR]

by t-pastel | 2012-05-22 07:27 | 近所で見かける野草

ニワゼキショウ・・・花弁6枚の筈だが?

c0187438_1953268.jpg



ニワゼキショウは花弁6枚の筈だが?

5月20日撮影 
[PR]

by t-pastel | 2012-05-20 19:55 | 近所で見かける野草